ひとの五感・五体で、近頃どこが気になりますか?
ウェアラブルは人間の身体部位のどこを獲得するかの戦いでもある。「目」「腕」「足首」「首」いろんな身体部位が占領されはじめている。意外と腹まわりは聞かない。眼鏡や腕時計もそうだが、「ふだん使い」で「違和感のないところ」が良いと思う。腹ならベルト使いのような感じだろう。
ウェアラブルは「気持ち良い/気持ち悪い」がKFSだと思う。テクノロジーは「0/1」と考えられがちであるが、人間身体に向かえば向かうほど、テクノロジーとは逆説的な判断基準・ものさしになってくる。
⇒「テクノロジー」×「生理的快感」
2015/10/16

倶楽部事務局

星出 祐輔

「無くてもいいな」「ちょっと無駄かな」と思うものは?
お疲れさまです。
の一言、メールの一文。
ぼくは相手によって、使い分けています。
メールは気分づくりみたいなところがあって、相手に感じてほしいこと、やってもらいたいことを言葉と行間でつくっています。
デジタルコミュニケーションは気分づくりだと考えると、スタンプ機能があるメッセージアプリが流行したのが分かる。
スタンプを超える「気分」を伝えるデジタルツールの開発。
たとえば、テレパシー、脳波の動きだけで、相手に気分を伝えられるものなど。広告代理店と大学研究所が組んだら面白いんじゃないか。
2015/04/06

倶楽部事務局

松井 一哲

2015/04/06

倶楽部事務局

星出 祐輔

最近、もらってうれしかったものは?
スニーカー・クリーナー
革靴は手入れをしていたけど、スニーカーは手入れせずに放置していた。「安い」ものを使い捨てするのではなく、「高い」ものを大事に使い続けるでもない。「安い」ものを大事に使い続ける。そうすると、必要最小限の生活、生活の底が見えてくる。自分の底辺を知っておくと、そこからジャンプできる。
これからの子どもの将来は可哀そうだと言われている。なぜなら日本の未来は暗いから。これまでは「①未来を描く②現実とのギャップを把握する③ギャップを埋めるアクションを取る」だった。これからは①の前に、「最底辺を知ること」からはじまる。未来の描き方が変わってくる。
2015/03/05

倶楽部事務局

星出 祐輔

このごろ、本屋で増えていると思う本のタイトルは?
美文字・汚文字・魅せ文字の書き方など、
見栄え・ビジュアルとしての文字に関する
書籍が増えている。
情報化の進展で、
隠れつつある自分の属性が
これまで以上にオフライン上で注目され、
価値化されてきているのではないか。

例えば、姿勢、顔つき、声など…。
自分の属性を浮き彫りにし、鍛えてくれる商品やサービス
■健康診断+属性診断⇒マンウォッチャーに定期的に診断してもらう。
■姿勢や声を矯正するサービス⇒伝統芸能教室が流行する。
■「美声」や「魅声」が出るガムや飴の開発
2014/03/26

倶楽部事務局

星出 祐輔

100年後に残したい、暮らしの風景は?

見知らぬ人とのハイタッチ。
高齢化社会では、「四十肩・五十肩」人口が増え、ハイタッチ潜在層が減少。
ハイタッチだけではなく、祭りでの神輿の担ぎ手が減少。その結果、ハレを十分に楽しめず、ハレとケの境界線がなくなり、
「ケ(気)⇒ケガレ(気枯れ)⇒ハレ(気晴し)」サイクルが機能不全に。精神疾患者が増加。
【ロー社会】
① LOW (低い)
ハイタッチからロータッチへ。ロータッチで大人と子どもが触れ合い、発散し合う。
② RAW(生)
介護が増える時代。身内も他人もどう触れるかが大事なテーマになってくる。
2014/06/20

倶楽部事務局

星出 祐輔

怒りや哀しみをどうやって表現していますか?
怒りは基本的に溜めないで、相手に言う。
事象の場合は背景や理由を考える。
哀しみは誰にもさとられない様に、自分の中で消化する。
2015/03/05

倶楽部事務局

星出 祐輔

最近、あなたの近所で増えているものは何でしょう?
お惣菜を売っている魚屋さん
お店の人に話を聞くと、
年配の方のほうがお惣菜を買われるそう。
魚を売るだけでは商売が成り立たないみたい。
3Dプリンタで自作できる環境が整う一方、自作しないで済むものも増えている。
「自動化」と「自作化」の選択

(単身化の先に)ロボットと結婚できる制度ができたり、(プライバシーの先に)自宅の鍵を自分で作れるキットができたり、
これまで考えられなかった「自動化」と「自作化」が起きるかも。
2015/02/05

倶楽部事務局

星出 祐輔

「相反するけど、双方満たしたい」欲求がありますか?
スマホを触っていて、スムーズさを求めつつも、どこか引っかかりが欲しい。
引っかからないと、情報を消費するものとしてしか、捉えられなくなってくる。自動化・オーダーメイド化の加速でその傾向は強まるだろう。「気持ち良さ」だけを追求するのではなく、「気持ち悪さ」「めんどくささ」の”程よいデザイン”が欲しい。
「めんどくさい」をつくる。
■質問に応えないと、先に進めないデバイスの開発。
■笑わないと買えない自動販売機。
■一句詠まないと帰れない居酒屋。
2014/12/05

倶楽部事務局

星出 祐輔

ひとの五感・五体で、近頃どこが気になりますか?
足の爪。

足の爪の状態、長さで、
外から受ける刺激の度合い、
感じ方が変わってくる。
自分の健康や知覚の状態を把握できる、自分のからだの部位が分かっていると、便利。

ライフログデバイスの発展で、自動的にデジタルにからだの状態を記録できる時代だからこそ、自分にだけ分かる、デジタル未領域の感覚体を発掘しておきたい。
■自分のあらゆる感覚が表出されるイベントやコンテンツの開発。

■誰にも記録されない自分の情報を探すことができるコンテンツの開発。
2014/11/05

倶楽部事務局

星出 祐輔

最近、心に残った「ひとこと」は?
「もう歳だから~若いもんに任した」という40代、50代の方々。

⇒「人生これからじゃん!」と思ってしまった。
寿命が80歳を過ぎ、医療の発展やさらなる健康意識の高まりで、平均寿命が100歳近くなることが想定される。
『50歳』を人生の「仕切り直し」「第二の人生のスタート」と捉え、「一生のパラダイムシフト」を起こせないか。
・50歳を「1歳」とカウントしよう
・50歳になったら初等教育に戻ろう
・50歳になったらリタイアしよう
・50歳になったら起業しよう
・50歳になったら転職しよう
・50歳になったら国籍を換えてみよう
2014/10/06

倶楽部事務局

星出 祐輔

「役に立つけど、もう少し面白くならないかな」と思うことは?
検索エンジン。
検索上位に表示されない言葉や概念は世の中に存在しないのと同然である。
しかし上位表示された言葉や概念を起点に発想することは理想的な形なのか、幸せを生むのか疑問だ。そして現状の検索エンジンから文化的なものを生成することは可能なのかとも思う。
セレンディピティがデザインされた検索エンジン。例えば下位にランキングされたものや外れ値がランダムで表示される。あるいは同時間帯で検索エンジンを使用した人の検索結果がグローバル規模で閲覧できるなど。一神教的・近代的な検索エンジンではなく、アニミズム的検索エンジンを構築できないか。
2014/09/05

倶楽部事務局

星出 祐輔

言われたくない褒め言葉は?
やせたね。
やせているね。
やせている=良いこと、とは限らない。
少し太っているぐらいの方が、
可愛らしさや安心感がある。

「年相応に太る」ということがあっても良いのではないか。ダイエットダイエット言い過ぎだと思う。
健康的に太るための食事療法。
メールマガジン等で定期配信されるものがあったり、ウェアラブルで自己管理できるものが欲しい。
2014/08/05

倶楽部事務局

星出 祐輔

「役に立つけど、もう少し面白くならないかな」と思うことは?
著作権
コピーライト
・権利とはアイデアをプロテクトするものと同時に、創発が生まれづらい仕組みではないか。
・そもそも「オリジナリティ」とは何か。
・「アイデア=分子/分母」と考えると、アイデアが生まれやすくなると思う。
・「モノマネ」コンテストの開催
・「モノマネ」協会の設立
どれだけマネをできたのかを競い合う。
2014/06/20

倶楽部事務局

星出 祐輔

面倒・損・今さら・・・でも、好きなことは何ですか?
通勤前、
週に1回のペースで、
神社仏閣にお参りしている。
人間と向きあい過ぎている自分に気づいた。
朝起きてLINE・メールチェック。昼間はメールのやり取りに打ち合わせの連続。夜はFB・ブログチェック。他者に向きあい過ぎていると、自分の受容体が、他者が発する情報で埋め尽くされ不感症になってしまう。自分を初期化してくれる場が欲しい。
「空白状態」にしてくれる場とサービス。
■Oculus Riftを使って意識を異空間に飛ばしてくれるサービス。
■脳に電極を埋め込んで電子回路を換えてしまう装置の開発。
■座禅アプリ。出社前の座禅教室。
2014/05/16

倶楽部事務局

星出 祐輔

このごろ「復活してきているな」と思うものは?
お酒・お菓子・調味料など、「量り売り」で商品を提供しているお店が増えているように思います。
ネット購入が日常化している現在、商品の分量や手応えを感じることなくワンクリックで商品を購入できてしまうので、「生活の適量をきちんと把握したい」「数値化・見える化して手応えを得たい」という欲求が生まれているのではないか。
『テクノロジー』×『手ごたえ』

■万話計⇒家族との連帯を会話量の測定
■腹八分目ウェアラブル⇒腹八分目になるとリストバンドの色が変わる身体端末
2014/04/25

倶楽部事務局

星出 祐輔

このごろ「復活してきているな」と思うものは?
お酒・お菓子・調味料など、「量り売り」で商品を提供しているお店が増えているように思います。
2014/05/21

倶楽部事務局

星出 祐輔