最近、幸せを感じたニュースは?
【電車に無賃乗車したネコ】
小田急線の東海大学前から、子猫が電車に乗り込み座席に座り、他の乗客に絡むという事件が発生。ツイッターに写真がアップされ、拡散された結果、飼い主の知るところとなり無事に帰ることが出来た。
【面白さから人助けへ】
当初、ネコの画像をツイッターにアップした人は驚き、面白くてアップしたに違いない。それが結果的に愛するネコを探す飼い主を助けることに。そしてなにより、アップした人、飼い主共にツイッターが共通プラットフォームになっていたからこそ救われた。
【SNSは捜索ツールさらに直訴ツールになれるかも】
探し人、探しモノなどなどツイッターで尋ねれば誰かが見つけてくれる(かも)。さらに世の中への不満や疑問、気に入らないモノの写真を撮ってアップすることでそれを作った本人との対話もできるかもしれない。
2014/12/05

考えること

山本泰士

「役に立つけど、もう少し面白くならないかな」と思うことは?
【IDを認識して開く自動ゲート】
確かに、セキュリティ上は役立つんだろうけど、タイミング悪く開かずに身体にぶつかったり、無愛想に「ピーッ」と音を立てるだけで無愛想。
【毎日接する自動機器にユーモアーを】
自動化が進む現代、毎日接する、下手をしたらこちらのいろいろな情報を知っている自動機器にこそ人間性が必要なのかも。
・当たり付き自動ゲート(1000人に1人「アタリでーす」と言う)
・髪型認証型自動ゲート(季節に一回、髪型を読み取って「髪切った?」と言う)
・体重測定型自動ゲート(ひと月に3キロ以上太ると「お、ぽちゃった?」と声かけ)
2014/11/05

考えること

山本泰士

最近、もらってうれしかったものは?
【自転車の空気入れ】
なくて困っていたら友人がくれた。
自電車も空気入れも使用頻度は低い。
けれど自電車に乗るのに空気入れがないとヒジョーに困る。けれど買うにはハードルが高い。そんなものを貰うと嬉しいですよね。
低頻度、けど重要品のレンタルとかシェア
自転車の空気入れはもちろん
例えばペンチとかナットとか工具類、
そういうものは集合住宅などであればみんなの共用品にしてしまったほうがいいのではないだろうか。
2014/10/06

考えること

山本泰士

倶楽部事務局
中村 隆紀

2月5日 14:47

みんなでみんなのモノを買う(所有する)、というのは、シェアとはまた別の経済学ではないかと思いました。
この5年間で、あなたの家の「食」はどう変わりましたか?
【フリーズドライは偉大だ】
味噌汁、スープ、雑炊などなどコンビニでも手軽にフリーズドライの商品を手に入れることが出来る。
味も悪くない、いやむしろ旨い。
1人暮らしの強い味方だ。
技術革新が宇宙食のような日常生活を生む
革新的な技術が、手ごろになり民生品にも降りてくる。
え!あの最先端技術がこんな身近な物になるの??!!発想。
ITや生物学様々な分野の最新技術を、敢えて身近な食品や衣類などの分野に適応してみるとものすごい商品が生まれるかもしれない。
2014/10/06

考えること

山本泰士

このごろ「復活してきているな」と思うものは?
【演劇】
東京芸術劇場を中心にフェスティバルトーキョーというパフォーマンスの祭典が開かれたり、20代の新進気鋭の劇作家・演出家があらわれている。お笑いブームのなかで人材を奪われていると言われながらしぶとい!
ストーリーを体感するというエンターテイメントの普遍性。
演劇は物語を理解するだけの芸術ではない。物語を演じる役者の生命力、体中に響くセリフを感じる体感型エンターテイメントなのだ。デジタル時代に「身体が震える」本質は生き残り続ける。
大人にも演劇体験。
大人になると全身が震える体験は減っていく。読むは読む、喋るは喋る、書くは書く。分離してしまう。そうではなく、全身を震わせる経験をすることで、普遍的で強い、新たな発想を得ることが出来るのではないか。
2014/10/06

考えること

山本泰士

最近、幸せを感じたニュースは?
プロアドベンチャーレーサーの田中 陽希さんが、南は屋久島から北は利尻島まで、人力(徒歩、カヌー)のみを使って異動し、日本百名山を全踏破しようとチャレンジ中。ツイッターなどでの中継を見て現地で応援をする人も現れている。
一見馬鹿げた、けれども偉大な挑戦に心を動かされる人々。デジタル時代になっても、消えることのない「人のチカラ」への賞賛と畏敬の想いがここにはあると思う。
大人のためのガチンコ巡礼コンテンツ。
・百名山を全部登る
・日本全駅(鉄道や道の駅)のスタンプを集めるラリー
・全国のB級グルメ制覇
一見馬鹿げていて、何の意味あるの?と思えるけれど真剣な挑戦を生活者に投げかける。
2014/09/05

考えること

山本泰士

怒りや哀しみをどうやって表現していますか?
寝る。
ひたすら寝る。
寝て起きて、水飲んで、ちょこっと食べて寝る、を繰り返し…
28時間くらい寝る。
それから冷静に、そのことを考える。
怒りや、哀しみにすぐ対抗しようとすると、心に着いた傷がより深くなったり、冷静でいられず正しい道筋を見つけにくい。そういう時は一度身をかがめて、喧騒から逃げ、寝続けることで心を落ち着け、心にかさぶたを作ってから動き出すのが良いのではないか。
「心を癒すための睡眠」技法の研究。
表現することではなく、表現しないことの方が人はその問題と向かいあい、よき人生を送れるのかもしれない。
2014/09/05

考えること

山本泰士

最近、あなたの近所で増えているものは何でしょう?
中小ビルのスクラップ&ビルド。
耐震基準などの問題もあるのだろうけれど、神田ーお茶ノ水近辺では、中小ビルの解体と新設・再開発が目立つ。中小ビルの後に整備されて巨大ビルが建つかというと、必ずしもそうではなく似たような規模のビルが建つことも多い。
アップロード都市・東京
新興国のように強引な区画整理で再開発が進み巨大ビルが建つのではなく、細かい土地所有の問題から中小規模の再開発が優先されているのだろう。まちの風景が一気に変わるのではなく、同じ場所に似たような規模の建物がアップロードされる都市が東京だ。
小さくてもスゴいビル
これまでの「~ヒルズ」に代表される、どでかい再開発ではない。10階建ての雑居ビルなんだけど、スゴイ!テナントに入りたい!働きたい!そんなビルがこれから産まれてくるに違いない。中小ビルが集合して、共同体を作る、食堂を作る…なんてのもいいですね。
2014/08/05

考えること

山本泰士

最近、心に残った「ひとこと」は?
「それは差別よね。」
日本では刺青があると公衆浴場に入れない。それはなぜか?外国人と議論になった時、言われた一言。闇社会のシンボルであること、恐怖を抱く人がいること説明しても理解をしてもらえない。そのうち何故そんな刺青を恐れるのか、僕も混乱してしまった。
社会的思い込みが恐怖を作る。
おそらく刺青には、論理的にはなかなか説明しきれない意識下の恐怖が反映されている。それは外国から見えれば「差別」。けれども我々からすればルール。そのルールを支えているのは意味や理屈だけでなく、毒のない蜘蛛でも恐れるような種類の思い込みなのだ。
日本人の気付かない思い込みを揺さぶる質問100、という思考訓練セミナーや書籍。
文化は思い込みの要素を含み、当然であるが故に論理的に説明をしたことがない。その信仰に近い思い込みに、敢えて光あて、風にさらすことは人の思考を鍛えることが出来る。
2014/08/05

考えること

山本泰士

100年後に残したい、暮らしの風景は?
万歳三唱。
知り合いに、祝い事や会合があると必ず最後に全員での万歳三唱を促す人がいる。僕はその人が大好きだ。「まあ、人生いろいろあるけど、とにかく行っちゃいましょう」というヤケクソな陽気と、哀しさがそこには込められていて、なんだかみんな元気になれる。
陽気に思考停止したい。
情報量ばかりが増え、考え始めたら止まらない時代。時に立ち止まり、陽気に思考停止したい。世の中が複雑で、矛盾に満ちていて、未来が不透明なのはわかっているけど、散る桜を愛でるように歩みを止めてみんなで大声を出したい、そんな気持ちがある。
みんなで、おおっぴらに祝おう。
W杯のハイタッチのように、人は今おおっぴらに他の人と声を合わせ、身体をあわせて身体的にシンクロできる場所を求めている。
そんな場所、万歳でなくてもいいけどあらたなスタイル、記号を生み出そう。
2014/08/05

考えること

山本泰士

ひとの五感・五体で、近頃どこが気になりますか?
腸。
先日約3週間を1人海外で過ごした。これまで滞在経験のある1週間を越えたところで、お腹が3日3晩下り続ける。外国語学校に通い、寮に暮らしていたので自分では気付かない外国語ストレスが身体にキたのだろう。
不随意な身体の持つ感性。
精神的ストレスを「対外排出」によって
解決しようとする、身体の不思議。
排泄物には悩みの排泄という意味もあるに違いない。だからきっと便秘は心の病気であるのだ。
心を健やかにするための腸トレセミナー
「排泄すれば心も元気」という自己啓発本
排泄物からの心の健康診断
2014/08/05

考えること

山本泰士

あなたのまわりに、気になる趣味や習慣を持つ人がいませんか?
飲んだ後のシメに、麺類ではなく餃子を食べる友人。
深夜のラーメンなどは翌日への身体的な負荷も高く疲れを残すし、ダイエットにも良くない。しかし、餃子(特に水餃子)であれば、身体への負担も少なく、満足度も高い。
【非・不健康深夜メシ】
ポテトチップスに低カロリーな、揚げないタイプが出てきているように、飲んだ後のシメにも低カロリー・低負担で満足度も高い。そんな食事・料理カテゴリーが生まれる。
2014/06/20

考えること

山本泰士

最近、もらってうれしかったものは?
友人から「お土産」と言って貰ったカンボジアの粉末コーヒーの粉。売店なんかで安く買えるものなのだろうがなんだか嬉しかった。
「お土産」というときに「エッフェル塔のキーホルダー」「ハワイアンマカデミアナッツ」みたいな分かりやすくアイコン化したものよりも、現地の生活にちょっと触れられた気分になれる日用品の方が、想像をかけ立てられ、旅情が刺激される。
【名物雑貨お土産パック】をつくろう。
日本であればハッピーターンやばかうけ、なので美味しくて安いお菓子、100円ショップで売っているマッサージ道具など面白いモノはたくさんある。それを詰め合わせにして、空港や観光地においてみたらどうだろうか?
2014/06/20

考えること

山本泰士

もし1週間何をしてもいいなら、どうしますか?
・飲む、寝る、食事は出前、ダラダラテレビ、WEB…
全く向上心もなく、恰好つけもなく一週間ニート生活
前進と向上心に疲れたのです。
みんな、ジョブスにならなくてはいけないのですか?
みんな、WEBでカッコよくライフハックを語らねばいけないのですか?
みんな、だらしない自分を隠していいね!を求めねばいけないのですか?

向上とキラキラ感が求められる世の中で
その反動としての「ダル欲求」が高まる。
・向上心デトックス運動・道場
・ニート修行

生きていることをそのまま受け入れるというスタイルが生まれる。
2014/03/22

考えること

山本泰士

ひとの五感・五体で、近頃どこが気になりますか?
鼻、嗅覚。満開の桜の下を歩くと桜餅のような、桜の香りが通り過ぎる。
その時大学の入学式や、初めて好きな人と行った花見の記憶が再生された。
香りは記憶の再生スイッチである。
人生の節目の「香り」、かつて住んでいた家の匂い、町の匂いを保存する「香りのアルバム」事業が生まれる。
2014/04/03

考えること

山本泰士

時代の流れの中で、「やりづらいなぁ」と思うことは?
友達と、仲間で、時にはハメを外してヤンチャしたりおおさわぎすること。
もしそこでの言ったことや姿が記録されていたら…と思うと
ついつい自己規制してしまいそうになる。
「記録される自己」に過敏になる社会
「非・記録/非・記憶/非・拡散」
近未来型無礼講コミュニティ・パーティーが生まれる。
2014/03/22

考えること

山本泰士