生活者発想ツールについて

日常に潜むアイデアの芽を捉え、そこから次の生活を思い描くには、何らかの「思考の補助線」が必要となります。身近な事象を見て・聞いて・歩いて・触って…表層から意味へ潜り、未来を浮かび上がらせるために、倶楽部ではオリジナルの生活者発想ツールを開発しました。

生活を見つめ直す質問例

Q1.最近、あなたの近所で増えているものは?Q2.「都会は不便だなぁ…」
と感じることは?Q5.あなたのまわりに、気になる趣味や習慣を持つ人がいませんか?

発想フォーム

1.あなたの気づき
        質問に対して、周囲の風景や人間模様の中から主観で気づいた事象を考えましょう?
        
        2.隠れた意味
        あなたが気づいた事象の中には、どんな人間の本質や時代の真相がひそんでいるでしょう
        
        3.これから発想
        日常に隠れていた意味を使って、明日の生活につながるようなアイデアや仮説を考えましょう

操作についてはこちらからご覧ください

このサイトの使い方